サイトのスピードアップのため、.htaccessにmod_deflate, mod_expires, ETagを設定する。

ちわーす。
Fast is …かっぱふぅ@kappafoo )です。

先日、画像のサイズを小さくしてサイトのスピードアップを図ることを記事にしましたが、今回は.htaccessをイジる記事を載せます。

先日の記事はコチラです。
 ⇒ TinyPNGとCaesiumでPNGとJPEG画像のサイズを小さくしよう。


cc licensed ( BY NC ) flickr photo shared by Evan Moss

ということで、今回は.htacccessをイジります....htaccessとは、Apacheを用いたWebサーバにおける設定ファイルです。

この.htaccessをイジることでサイトを速くすることができることをセルティスラボさん「mod_deflate, mod_expires を使用してHTTP通信データ量を削減」の記事で見つけました。

mod_deflate, mod_expires を使用してHTTP通信データ量を削減 |

どうやら、.htaccessにmod_deflateのコードを追加すればgzip圧縮したhtml等を送信できること、mod_expiresを使用すればブラウザ側のキャッシュの有効期限を設定することができるようです。

ということで、セルティスラボさんの記事にあったdogmap.jpさん「WordPressサイト用の.htaccess例」の記事を見てみました。

WordPressサイト用の.htaccess例 | dogmap.jp

ここに.htaccessのコードが書かれてましたので、ほとんどそのまま使用させていただきました。

自分への備忘録のために、このサイトのコードを載せておきます。

これで、gzip圧縮とキャッシュの期限の設定ができました。

ちなみに、gzip圧縮ができているかの確認は、次のサイトで確認できます。

GIDZipTest: Web Page Compression (Deflate / Gzip) Test – GIDNetwork

これで、サイトの表示が速くなるといいなぁ。

ちなみに、この設定を行ったところ、サイトの速度を計るGTmetrixというサイトでPageSpeedGradeが「B」から「A」になりましたよ。

あとは、どうしたらサイトのスピードのアップが図れるんだろう。

この記事が参考になったら、シェアしてください

 

 

関連記事も見てください

origamiTinyPNGとCaesiumでPNGとJPEG画像のサイズを小さくしよう。サイトのスピードアップにも (2013.07.08)
コードの表示をSyntaxHighlighter EvolvedからCrayon Syntax Highlighterに変更しました。 (2013.07.12)
サイトタイトルに日本語Webフォントを導入してみました。サブセット化も行なっています。 (2013.05.29)
【WordPress】GoogleAnalyticsで自分のアクセスをカウントしないためにするべきこと。 (2013.07.01)
レスポンシブデザインでGoogleAdsenseの広告サイズ変更が公式サイトで紹介されています。 (2013.06.27)

RSSの登録で最新記事をお届けします

フォローしてもらえると嬉しいです

F

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop