WordPressのパーマリンク設定を途中で変更したその後...

ちわーす。
やはり我慢できません、かっぱふぅ@kappafoo )です。

このサイトは 7月の終わりから、WordPress を使用して運用していますが、10月の初めにパーマリンクの設定を変更しました。

その後の状況については、少し前の記事に書いてあります。
その時にはもう収束に向かうと思っていたのですが、残念ながらここ数日「Google ウェブマスターツール」が大変なことになっています。

なぜ収束に向かうと思ったかについては、そのひとつの理由として、サイトマップ関係がやっと元の水準に戻ったことによります。

ウェブ4

しかしながら、その認識は甘かったようです。

ウェブ1

まず、エラーコード404を示す「見つかりませんでした」が、更なる増加傾向にあります。

ウェブ2

インデックスに登録されたページが、この数日で極端に増えています。

ウェブ3

HTMLの改善では、重複に関する部分が非常に増加しています。

やはり、この状況を見て私も我慢ができませんでした。
なんらかの手を打とうと考え、古いURLにアクセスした場合に、新しいURLへ自動的に転送(リダイレクト)してくれるように設定できるプラグインの導入を決めました。

今回参考にしたのは「The Present Note」さんのこのページ

WordPressのパーマリンク設定を途中で変更する方法|ThePresentNote
パーマリンクを途中で変更すると、前のURLにアクセスした場合に、404のNot Foundが表示されてしまいます。 そのため、もし途中でパーマリンクを変更する場合は、古いパーマリンクにアクセスした場合に、新しいパーマリンクへ自動的に転送してくれるように設定しておく必要があります。 そこでプラグインの出番です。

使用するプラグインは「Permalink Redirect」です。

このプラグインのダウンロードはこちら 
(注)必ず「ylsy_permalink_redirect.php」というphpファイルを直接ダウンロードしてください。

ダウンロードしたら、phpファイルの405行目の

の$status=301を$status=302に書き換えて、FTPソフトなどで[wp-content]>[plugins]の下にファイルをアップロードしてください。

WordPressのダッシュボードで、Permalink Redirectプラグインの有効化ができるようになってますので有効化します。

設定でPermalink Redirectを開くと、

ウェブ5

この囲んだ部分を新パーマネント設定を確認、旧パーマネント設定で記述すればO.K.です。

さあ、これでクロールエラーがどの程度抑えられるのか、今後の動きに要注目です。

この記事が参考になったら、シェアしてください

 

 

関連記事も見てください

実験WordPressでパーマリンクの設定を変えたらどうなるか、実験の結果ですよ。 (2012.10.11)
「かっぱふぅ雑記帳」を考える。その5 (2012.08.03)
WordPressのアーカイブページのアドレス(URL)表記を変更しました。今のところ動いています。 (2013.05.25)
FeedBurner3WordPressにFeedBurnerのプラグインとブログパーツを貼り付けました。 (2012.08.23)
WordPressのプラグインを追加しました。 (2012.08.10)

RSSの登録で最新記事をお届けします

フォローしてもらえると嬉しいです

F

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop