草場一壽氏の陶彩画展「七色の龍」がトキハで始まりましたので行ってきました。

ちわーす。
キレイですよ、かっぱふぅ@kappafoo )です。

今日(9/26)から大分市にあるデパート「トキハ」で草場一壽氏の陶彩画展が始まりましたので行ってきました。

陶彩画1

陶彩画とは、簡単に言うと「焼物の絵画」になります...草場氏の工房「今心工房」さんのページには、

白い陶板に釉薬で絵付けを行いますが、一度絵付けをしては焼成し、さらに上から違う色で絵付けをしては焼成し、と、 十数回にも及ぶ窯入れを繰り返しながら、絵を描いていくのです。

とあるように、とても大変な作業となります。

ぜひ、陶彩画のページを見てみてください。

現代美術絵画・草場一壽 陶彩画の世界

焼き物の絵画ですから、見る角度や光の加減で色彩が変わったり、雰囲気も変わったりする不思議できれいな絵画になります。

作品については、パソコンで見てもよくわからないと思いますので、もし見に行ける方は実物を見るのが良いと思われます。

この草場氏の陶彩画については、私は6~7年前にオアシスひろばの地下のギャラリーで個展を開かれた時に見に行きました。
そのとき、陶彩画の不思議さや仏教にまつわる「菩薩」「飛天」などの題材の良さから、買えないにもかかわらず1時間ぐらいずっと見ていたのを思い出します。

今回、大分に個展がやって来ることを知って楽しみにしてました。

陶彩画2

トキハの1階の「Stage#1」で行われています。
飾られているのは陶彩画の虹色の龍シリーズの「平安」です...お値段は、びっくりするような金額です。

陶彩画3

個展では、先ほどの「平安」の他に「時は今」「黄金の龍」「龍宮の遣い」「富士越えの龍」の虹色の龍シリーズに加え、「菩薩」や「飛天」シリーズ、抽象作品など、約50点が展示されています。

ぜひ、不思議な見え方をする陶彩画を見に行かれてはいかがでしょうか。

...しかし、前に比べて、ものすごい値段がついてますね...びっくりです。

あっ、お手頃なポストカードや観音力カードなるものも売られてますよ。

この記事が参考になったら、シェアしてください

 

 

関連記事も見てください

らーめん博1本日から「おおいた駅前らーめん博」がホルトホール大分前で始まりましたので行ってきました。 (2014.03.13)
ラーメン2幕1おおいた駅前らーめん博の第2幕が始まったので行ってきましたよ。夜もイイですね。 (2014.03.19)
ハス乗り1地獄めぐりで有名な別府の海地獄でオオオニハス乗りがあったので行ってきました。 (2014.08.13)
ローソン1ローソン、イオンで映画「プリキュアオールスターズ」のスタンプラリーが始まっています。 (2014.01.04)
生活文化展16第47回大分生活文化展が今日から始まりました。お昼に3会場を巡ってスタンプを押してきましたよ。 (2013.10.04)

RSSの登録で最新記事をお届けします

フォローしてもらえると嬉しいです

F

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

▲Pagetop